親王飾り・収納飾り

人形のあめみや > 親王飾り・収納飾り

 人形、飾台、道具などの組合せが自由にできますので、お客様だけの日本に一つしかない雛人形セットを作ることができます。店頭で並べ変えてご覧に入れます。色彩のアドバイスなどお手伝いいたします。

 親王飾は、「お殿様」と「お姫様」の2つの人形が1つのペアになった雛人形です。一般的に「親王」と「姫」を中心に飾り、「屏風」「雪洞」「三宝菱台」「桜橘」を飾ります。親王は向かって左に置き、姫を向かって右に置いて飾ります。しかし京都では現代でも皇族の並びの、いにしえの礼法で逆に飾っています。場所を選ばずコンパクトに飾ることができ、人形が2体しかいない分、素材、着せ付など細部にわたってこだわった作りができる高級志向なセットです。サイズ的に一番コンパクトになるセットで、間口は50cm位から対応できます。

久月 安藤桂甫作 衣裳着京九番親王平飾り

久月 安藤桂甫作 衣裳着京九番親王平飾り

 京人形の第一人者で京都府伝統産業優秀技術者指定の作家です。伝統の正倉院文様を織り出した見事な高級金襴が金屏風に映える格調高い逸品です。

サイズ 間口120×奥行55×高58
価格 参考一例

吉徳大光 樋泉円作 衣裳着京八番立親王飾(東宮雛)

吉徳大光 樋泉円作 衣裳着京八番立親王飾(東宮雛)

 皇太子御成婚の儀の際の御装束を参考に製作されました。衣裳は西陣織正絹製地を用い男びなは黄丹御袍、女びなは雅子妃殿下の十二単を写させていただきました。

サイズ 間口107×奥行57×高63
価格 参考一例

ワダエミ監修 久月作 衣裳着親王平飾り(光源氏)

久月 柴田家千代作 小十番親王平飾り(本式着付)

 日本人の美意識が衣裳という形で歴史の中に初めて独自の姿を現したのは平安期であり、最も美しいのは十二単でありましょう。この世界に比類なき衣裳は源氏物語絵巻の中に描かれています。その源氏物語をイメージして優雅な世界をソフトな感覚の仕立でお内裏様に表現しました。

サイズ 間口90×奥行45×高46
価格 参考一例