「人形のあめみや」のひな人形

人形のあめみや > 「人形のあめみや」のひな人形

ひな人形店内

 人形のあめみやでは、おひなさまを選ぶ時のポイントになるお顔や衣裳についてのご質問、ご相談に丁寧にお応えします。みなさまに末永く愛情を持って飾っていただける大切なおひなさまをリーズナブルな価格で販売します。また、何年か後、万が一修理が必要になったときなどのアフターケアも人形のあめみやなら安心しておまかせいただけます。

おひなさまの選び方

ひな人形はお顔がいちばん

 おひなさまの「お顔」はひな人形を選ぶときの大切なポイントです。おひなさまのお顔は「頭(かしら)」と呼ばれ、頭師と呼ばれる職人が伝統の技を駆使して制作します。雅やかで、おっとりした表情の品のある端正な顔立ちの「京頭」。切れ長の目の愛らしい優しく写実的なお顔が特徴の「関東頭」などがあります。ひとつひとつのお顔をじっくり見比べてご自分の気持ちにぴったりなお顔を選んでください。

衣裳の彩をみる

 おひなさまの衣裳は人形職人(作家)が熟練の技で仕立て、ふっくらと着せつけます。衣裳の素材も正絹、帯地など価格帯によって様々なものがあり、又衣裳の色目も大切です。皇族・貴族などが着用した有職模様から現代風のものまで、日本人の豊かな色彩感覚は衣の表と裏の色の取り合わせや襟や袖口などの重なりの配色も追及してきました。色合い、彩り、春を呼ぶおひなさまの衣裳です。

飾る場所との調和

 雛人形は一年中すえ置くものではありませんが、置き場所のスペースはあらかじめ決めて、寸法を測っておくのが良いでしょう。お雛様の種類も様々で、伝統的な七段飾り、現代的な三段飾り、コンパクトな親王飾りなどがあります。また、飾る場所が和室か洋室か、さらにまわりの壁や床の色など、その家庭に合ったセットを選ぶのが良いと思います。飾り台のタイプも豊富で、現代的な木肌を生かしたシンプルな飾り台から、高級感のある塗漆の台、伝統的な赤い敷物の段飾りなど全体の調和を考えてお選びいただけます。